目と鼻のさらに先

11月7日の視聴

 

・『NHK高校講座 世界史「近世の朝鮮王朝」』

→これは、「古代・中世の朝鮮半島」⇩の続き、であろう。

 

【『7月8日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20220710/1657383841

 

→10世紀に、朝鮮半島統一を果たした「高麗」。13世紀にモンゴル帝国の侵攻にさらされる。30年ほど戦い、モンゴル帝国⇩の支配下に。

 

【『10月3日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221016/1665916244

 

元寇にも協力させられる高麗!しかしその元寇の失敗が高麗にもダメージを。

→衰える元。元を北方に追いやり、中国を統一する「明」(1368年)⇩。

 

【『10月21日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221106/1667707647

 

…この中国の王朝交代が、高麗内部に新しい政治思想を生む。頭角を表す“李成桂(りせいけい、イ・ソンゲ)”。倭寇などを撃退する、軍の指揮官。<b>高麗の国王から、政権を譲り受ける李成桂</b>!血みどろの戦いがあったのかと思いこんでたわー。で、朝鮮王朝建国(1392年)。国号を「朝鮮」、都は「漢城(かんじょう、ハンソン)」に遷る。今のソウル。

→仏教から儒教へ。軍を持ったりして堕落した仏教より、儒教とくに「朱子学」(南宋の学者、朱熹(しゅき)が体系化)を重んじる李成桂。“上下関係”と“身分制度”を重視。階級社会の理論付けに使ったのか!

→中国同様の科挙を採用。科挙に合格した官僚、“両班(ヤンバン)”が朝鮮を動かす!

※武班と文班の2つをまとめて、両班

→祖先を大切にする“孝”を重視。それにしても、「朱子学のみが正しい」というのは、それ以外を迫害する元にもなると思うが…。

→独自の文化の開花。歴代の王と王妃を祀る、宗廟(チョンミョ)。そこで演奏される、「宗廟祭礼楽」。作成は、第4代国王・世宗(せいそう、セジョン)。日本で言えば、「新古今和歌集を、後鳥羽上皇が編纂指示した」ようなもん…?

訓民正音(のちのハングル)を公布したのも世宗なの?!これはデカい功績。

→16世紀末。1592年に秀吉⇩が朝鮮出兵を!壬辰・丁酉の倭乱(文禄・慶長の役、1592-93、1597-98)。

 

【『11月3日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221121/1668960928

 

…敗色濃厚(日本が優勢)な中、明の協力で膠着状態に持ち込み、秀吉の死で終戦。これがため、国交断絶する朝鮮と日本…。

→捕虜として日本に来た朝鮮人!?朱子学者・姜沆(きょうこう、カンハン)。彼と出会う藤原惺窩(せいか)。姜沆から、学びたくて仕方なかった儒教朱子学)を吸収する惺窩。

→奇しくも、その後の日本の統治者・徳川家康が、幕府統治に藤原惺窩から手に入れた朱子学を採用!

→再びの国交を求める家康。反対意見も出る中、それを受け入れ「朝鮮通信使」を送る朝鮮。計12回!…逆に、13回目が無かったのはなぜだろう?

→「朝鮮通信使来朝図」(羽川藤永)。将軍のもとに朝貢に来てると見せかけ、将軍の権威を見せつける意図、あり。食えねえ御仁だぜ、家康…。

→朝鮮王朝のメリットは「当時の明朝の不安定さ」と「日本の再・朝鮮出兵への牽制」。江戸開府の頃には、明も朝鮮も、建国から200年以上経ってるわけで。その変化が、たった10年ほどでの国交断絶からの回復、を可能にしたのだな。

 

 

・『NHK高校講座 世界史「近現代の朝鮮半島」』

→なんの因果やら、Eテレ1で上記「近世の朝鮮王朝」をやった翌週に、Eテレ3(サブチャンネル)で今回の「近現代〜」をやるという妙。前半をメインで、後半分をサブチャンネルで、同時に4月から放送して、こんなうまい具合につながると、逆にうすら寒いな。

→さて本編は、19世紀(ざっくり1800年代)後半からの朝鮮半島

→のっけから、前回見た「朝鮮通信使来朝図」(羽川藤永)の話題から。当時、開国した日本と清朝。しかし朝鮮王朝は、清朝との冊封関係を維持、開国はせず。

→実権を握っていたが、失脚する大院君(テウォングン)の“攘夷派”。当時の王は大院君の息子、高宗(コジョン)。大院君失脚後、高宗の妻(つまり王妃)・閔妃(ミンビ)の一族“閔氏(ビンシ)”が力を持ち、開国に向かう。折しも、軍事力で開国を迫る日本。

→日朝修好条規(1876年)を締結し、朝鮮開国。例によって不平等な…。

清朝に阿る“穏健開化派(事大党、ミンビ側)”と、日本にすり寄る“急進開化派(独立党)”が対立!

→急進開化派・金玉均(キムオッキュン)、反乱を起こす(甲申政変、1884年)。しかし、清の袁世凱に鎮圧される。…日本の後押しがあったのに?日本は金玉均を助けなかったのだろうか??

→が、逆に穏健開化派に警戒される、清。日本ともバチバチになる、清。一触即発。

→そこへ発生する甲午農民戦争(1894年)。珍圧に向かった日本と清が、まさかの(でもないのか?)衝突。日清戦争(1894年)!

→勝利する日本。下関条約(1895年)での「清は朝鮮の独立を認める」とは、「清と朝鮮王朝の冊封関係の消滅」を意味したのか!ずっと、「清朝の植民地でもないのに、朝鮮の独立を認めろ、ってどういうこと?」とは思ってたんだよね。

下関条約後、清朝に代わって朝鮮への影響力を強める日本。…で、どう強めたの?方法は?

→日本の圧力を嫌い、ロシア(南下政策中)に接近する閔妃。バレたのかなんなのか、日本側に暗殺される閔妃。国王・高宗はロシアの公使館(なにそれ?朝鮮国内の大使館的な?)に避難。妻が殺されて、自分も身の危険を感じたのだろうか?

→公使館から政治を行う高宗。国号を“大韓帝国(韓国!1897年)”に。…うーん…番組では「高宗は、皇帝となることで、清や日本と対等であることを示した」と言ってるが、肩書きを自分で変えたら対等になれるような、そんなお手軽なもんじゃなくね?

→で、日英同盟(1902年)からの日露戦争(1904年)。ポーツマス条約(1905年)で、日本が「韓国における優越権」を得たことってさ。中学の定期テストの軽い扱いに比べ、だいぶ重要だったんだな…。

→優越権、て国際法上どういう権利なんだろ。無限に押しつけられるもんじゃないと思うんだが。でもこのあと、韓国は「日本の保護国」に。それは『外交権を奪われる』ということ。

保護国化に反発する高宗。万国平和会議(第2回、ハーグ)で日本の侵略を訴えるも、受け入れられず。…て、これもよく分からんのよ。なんで受け容れられなかった??「優越権あるんだから当然」なのか、過去の日朝修好条規が効いているのか…。あれ、そういうやこの当時、日朝修好条規、まだ生きてるのかな?国号変わっただけで破棄できるもんじゃないよな?

→平和会議へ訴えた(*)ことで、退位させられる高宗。韓国軍も解散の憂き目に。…日本に抵抗する武装闘争(義兵闘争)が激化。

(*)…「ハーグ密使事件」って言うらしい

→あ、上の答え合わせが。

 

「インドの権益(イギリス)、フィリピンの権益(アメリカ)同様、韓国の権益は日本に確保させる」流れは欧米列強に既に認めさせていた

 

…要は、韓国を日本が保護下に置くことで、自分たちの権益にも手出しさせない、と…?韓国の根回し不足か…。

→なぬ?「韓国併合」(1910年)、欧米列強の黙認のもと、大韓帝国の支持を得たように装いながら併合したの?どうやったら出来るのよ、それ?

→へ?日本によって、大韓帝国が「朝鮮」と改められたの?てことは、国号変遷は“朝鮮(1392年)⇒大韓帝国(1897年)⇒朝鮮(1910年?)”てことか。ややこしいな!

→あ、でもこれで長年の疑問が解けた!“韓国”併合なのに、併合後の統治機関が“朝鮮総督府”なの、意味が分からんかったのよね。で、武断政治とは?そして同化政策

→ウィルソン大統領が「民族自決の原則」(1918年)を発表。…どこに?

→独立の機運から広がった、三・一独立運動。高まる朝鮮人民族意識

日中戦争が始まり、補給基地となる朝鮮。進む皇民化政策。神社への参拝。朝鮮語の禁止。創氏改名の導入。

→徴兵も。でも私は、徴兵に関して言うと、太平洋戦争開戦後に、<b>既に自国民であった日系人を、財産没収などして追い詰め、戦地へ向かわせることで忠誠を誓わせる、そんなアメリカ合衆国</b>⇩だって、十分えげつないと思うけどね!

 

【『10月23日の視聴』バタフラエフェクト#20→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221108/1667837522

 

→内鮮一体。できもしねーことを…。

→日本の配線で、35年の支配から放たれる朝鮮。大韓民国(1948年8月)建国、李承晩(イスンマン)大統領。同年9月、朝鮮民主主義人民共和国が建国、金日成(キムイルソン)首相。いつ国家主席になった…?

→そして朝鮮戦争(1950年〜)⇩。戦いの趨勢は、この『日本史「占領と国内改革」』の通り。

 

【『9月27日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221008/1665156354

 

…300万人以上も犠牲者出したのか…。しかも、朝鮮半島全域が戦場となった点で、日本みたいな島国とはまた違う憂き目に遭ったと言えよう。

→1953年の休戦協定で、また38度線に国境が。

→軍事クーデターで朴正煕(パクチョンヒ)が権力を握り、大統領(在位1963-79)に。反共産主義

アメリカの意向で、日韓基本条約、締結(1965年)。国交正常化(と、日本の経済協力)。

→冷戦終結後の、北朝鮮金正日・キムジョンイル最高指導者)と韓国(金大中・キムデジュン大統領)の握手。南北首脳会談(2000年)!

→その後の、北朝鮮の核開発による分断はご存知の通り。

 

 

・『NHK高校講座 世界史「ギリシア都市国家」「ローマ帝国」』

→再⇩。

 

【『5月12日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20220519/1652889540

 

陶片追放、面白いけどおっかねえな。罠にハメられる人もいるのでは。

※初回視聴でも似たようなことを言ってる私

→デーモス(地区)。これが“民衆”を表すようになり、“デモクラシー”に。

→紀元前5世紀のペルシア戦争後に、アテネの民主政が完成。アケメネス朝ペルシア⇩…は西アジア全域を支配する大国。

 

【『4月22日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20220428/1651104354

 

ギリシアは、三段櫂船で勝負!上中下の三段の漕ぎ手。のちにフォーキオンにやられる、あれと同じ船か?

 

ギリシア人、ペルシアを打ち破った!

ペリクレス(前495ごろ〜前429)。“アテネの民主政を完成させた”男。行政や裁判に関わる者は抽選で、将軍などは投票で決定。

→え、ペリクレス、将軍なの?

→ポリスの衰退とマケドニア王国の台頭は、かの作品の通り。アケメネス朝ペルシアも倒す。そんな東方遠征。

 

→ある国の領土拡大が、穀物や文化の広がりを後押しする、てのはのちの歴史も同じ。ローマ帝国しかり、モンゴル帝国⇩しかり…。

 

【『10月3日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20221016/1665916244

 

ギリシア文化+オリエント文化=ヘレニズム文化。

ローマ帝国の“パンとサーカス”。

 

 

・『DOC(ドック)あすへのカルテ 第1回「記憶喪失」』

→オープニングの現在から、過去回想(今回は20日前)にとんで今へ繋げるパターンか。

 

日高のり子さんの声で、あそことあそこの夫婦関係に、視聴者が一発で気づいちゃうのはご愛嬌。それはそうと、「主人公の友人医師」と序盤で出てきた「女性患者の夫」を、どっちも関俊彦さんが演るのはカンベンしてください。混乱するわ。

→とはいえ、映画では手垢の付きつつも主人公の経歴で様々なパターンを見せる、この「記憶喪失」ネタ。弁護士⇩だったり、

 

【2021年『3月13日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20210328/1616865064

 

…はたまた植物学者(?)⇩だったり。

 

【『3月23日の視聴』→https://moritsin.hatenablog.com/entry/20220331/1648659157

 

 

「記憶が戻ってほしい」女性と「記憶が戻ってほしくない」男性が同じ職場でせめぎ合うシーンが見られるであろう余白も、だいぶ楽しみです。第2シーズンとかで無理矢理続ける昨今の海外連続ドラマと違い、16回完結、てことでいいのだろうか。それもまた良き。

・『DOC(ドック)あすへのカルテ 第2回「踏み出す勇気」』

→まあ、辞めるわけねーよな。

→コイツが名付けんのかよ、“ドック”って?!

スマホに順応すんの早すぎる。昨日の今日だぞ?指紋認証まで!

→あーこの娘(研修医)、さっき怒られたけど、褒められるパターンじゃね?

→いや、最後のアンドレアのセリフ、彼女にショック味が深すぎる。泣く。

→新医長のアイツ、妻となんかグルだぞ。

・『DOC(ドック)あすへのカルテ 第3回「夫婦」』

→アイツ誰でもいいのか?

→む。ゲイかな?

→ここにカップル、あちらに夫婦、こちらに老夫婦。

→バアさんがやたらと強気でジイサンに軽口(永遠に入院させるぞ、とか)ききすぎて、ジイサンの死亡フラグ感がすごい。

死亡フラグを恋愛フラグと嫉妬フラグにするの、流石に読めなかったわ。

→誰だこの男は。

・『DOC(ドック)あすへのカルテ 第4回「いいけど悪いもの」』

→なんかこの女そそくさと帰ったな。

→弟かよ!

→なんで仲悪いんだよ。

姉弟の絆は戻ったのか?

→で?死ぬってこと?なんの病気なのよ!

多発性硬化症

→え、ちょま、こんなこと、よくあることよ?ドラマだからかもしれんけど、アンドレアのせいで死んだわけじゃあるまい?対処は早い方だったろ?

→お、新医長(名前なんやったっけ)、やっぱ奥さん薬屋か。アメリカ行きとか、怪しいとは思ってたわ。

→え、結局辞めんの???誰か止めろよ!

 

 

・『DOC(ドック)あすへのカルテ 第5回「間違い」』

→ブルーノ(冒頭で)、怪しいな。妻の妹(ソフィア)に手え出してないか?

→あー、Dr.マルテッリは、白人女性研修医の母親(ここの医師)か。外科医長の。

→あーやっぱヤッてたか。

→バレてるだろ、その演技。

→女優には向いてる。

→ん?スパの誘いは…なぜ断った?

→サルドーニ夫妻、まだなんか企んでるな。

 

 

つながりつながり。