突出する勇気

メビウスの森 14歳のSOS 2

メビウスの森 14歳のSOS 2

10月18日の視聴

・『フレッシュプリキュア! 第49話「驚きの真実!メビウスの本当の姿!!」』
→『未来少年コナン』ばりの、究極の戦い。人間の驕りによる末路だったか。

・『ETV特集「“ワケあり”りんご」』
→いつぞやの『ノーナレ』で紹介されていた家族。新型コロナ禍でのその後も。たった半年だけど、子どもたちの成長著しい。⇩

https://moritsin.hatenablog.com/entry/20200126/1579966348

→次男(麗桜)の多動性障害、何かが欠けているようでいて、やはり突出した才能も見える。テレビの前で、あんなガシッとした、考えてるコメントを残せるなんて。学校的価値観に染まっていないのがなおいい。
→めっちゃマスク干してある。
→最後の、家族それぞれを、それぞれが色で、言葉で、表してくシーン、何度見ても素晴らしい。

・『ハートネットTV 古舘劇場SP!「1964東京パラリンピック」』
→須崎さん、パラリンピック6種目出たの?!
→文代さん、夫が失踪とかパラリンピックのみの苦悩を越えている。55歳で亡くなるとか若すぎる。
中村裕医師。恐ろしい使命感。スポーツがリハビリになる。57歳で亡くなった。若いよ。
パラリンピックで人生が変わる。近藤さんの、立ち上げたNPO法人の名前ウケる(『土佐の太平洋高気圧』)。

・『ハートネットTV「パラマニア2020(5)「陸上SP」」』
→パラマニアボールも、ソーシャルディスタンス。
→デイビッド・ブラウン。視覚障害での100メートル10秒台。伴走者も速くないとダメじゃん?息ぴったりという次元を超えている…。

◆◆

・『Eテレ プレーバック 土曜ソリトンーSIDE・Bー「坂本龍一スペシャル」』
→「ゲイシャ・ガールズ」はダウンタウンの2人がやってたのね。25年前かあ…。
→妻が矢野顕子であることは忘れがち。
→これほどの人でも、音楽を仕事と言い出すまでには時間がかかっている。いや、アルバイトの延長だと思っていた頃の方がある種本物なのでは?なんにでもなれる、とおっしゃってた彼の感覚はそこにあるのだと思う。
→この頃は、芸大だの音大だのに行く人でないとマトモに評価されなかったのかしら。高野寛大阪芸術大学だし。
→最後に、高野さんが「星野源」「ナイツ塙」を当番組(プレーバックでなく、SIDE-B)のファン代表のように伝えていたのが印象的。塙は『B面ベイベー』でも熱トークしてたしね。

◆◆◆

・『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第3話「勇者の家庭教師」』
→初期のアバン、軽い。軽すぎる。ガーゴイル、弱すぎる。





つながりつながり。