“ぞわり”の扉

10月20日の視聴

・『シドニアの騎士 #01「初陣」』
・『シドニアの騎士 #02「星空」』
・『シドニアの騎士 #03「栄光」』
・『シドニアの騎士 #04「選択」』
→毎回、戦闘に限らず壮大に人が死ぬな…。谷風長道(タニカゼナガテ)の正体が、ずっと伏せられているのが気になる。
→ちょいエロがちらほら入るな。

・『シドニアの騎士 #05「漂流」』
・『シドニアの騎士 #06「敬礼」』
アネモネエウレカセブン)みたいなキャラがCM空けに。

・『シドニアの騎士 #07「覚悟」』
・『シドニアの騎士 #08「不死」』
エヴァンゲリオンの5号機みたいな…。

・『シドニアの騎士 #09「眼差」』
→誰の眼差しだ?と思ったら。そーいうことか。

・『シドニアの騎士 #10「決意」』
・『シドニアの騎士 #11「衝突」』
東亜重工動画制作局、だからか途中に発行されてる新聞みたいのの芸が細かくて、楽しい。原作はアフタヌーン本誌でちょこちょこ読んでたけど、映像化されると改めて面白いな。
→『マクロス』シリーズと、『宇宙戦艦ヤマト』もかくやという戦闘。

・『シドニアの騎士 #12「帰艦」(終)』
→イザナ、間に合った!
→なんでいなくなった?ベニツバメが消えたから?

・『スポーツ×ヒューマン「そして、エースは“進化”した 菅野智之」』
→前回はこのシリーズで「“屈辱”のエース いまこそ進化を 巨人・菅野智之」と題して紹介していた。そこまでがシーズン序盤。

https://moritsin.hatenablog.com/entry/20200803/1596425464

→語り:山崎育三郎。前回に続き。
→進化できないパターンだって多い。それを1年で、味わった屈辱を跳ね返した。ソフトボール上野さんと話したり、単純というか「素直」なんだろうな。長年ほとんど変えなかったフォームを変えた決断。ものにした素晴らしさ、これぞプロの所業。
→13連勝のあと、この放送までにもう一試合あったのでは?14連勝は??
※13連勝で終わりだったみたい。残念!

・『ハートネットTV 「B面談義(15)」』
→豆塚さんは『バリバラ』に、クロエさんは『ろうを生きる』で見た気がする。
→海老原さんの話は、なんやかや笑える。
→豆塚さんの「意味なく人は生きるべき」にシビれる。
→「価値」と「命」を同じ土俵に乗せるな。

・『歴史秘話ヒストリア「戦国マネー・ウォーズ」』
→『アイアンロード』で見た鉱物資源の奪い合いかな?これは。
→甲斐の武田家は、財力が兵力に直結してたのか。そーだよな。そーいうの、あんまり知らんので経済絡めてくれるとオモロイ。たって、騎馬軍団が強かった、くらいしか中学じゃやらないし。
→『NHKスペシャル 戦国〜激動の世界と日本〜第1集「秘められた征服計画」』でやってた歴史発見の焼き直し、だな。あっちの番組の方が世界とのカラミが多くて面白かった。
→音楽は梶浦由記

・『ロンリのちから 第3話「逆さまのロンリ」』
→「逆」を疑問文にして問いただす。それだ!数学の「逆に」の使用の要不要の境目がやっと分かった!



つながりつながり。