死ぬには早すぎる

4月29日の視聴

・『あの日 あのとき あの番組「古賀稔彦さんが遺したもの〜平成の三四郎からのメッセージ〜」』
→『ドキュメントにっぽん 三四郎の雪辱〜金メダリスト 古賀稔彦の闘い〜』(2000年放送)より。講道館での代表合宿。故・斉藤仁さんが映ってるのが、なお悲しい。山下泰裕さんはまだ生きてるのに、なあ…。
→ナレーション厳しい。「以前の背負投のキレはありません」。とか。
ロードワーク中の古賀さんの横を歩く、人の波。なんだあれ。
→小久保さんもボロクソに言う言う。
→番組中盤で語ってるコレ、“ゾーン”じゃない?
野村忠宏古賀稔彦をつなぐ、『柔道部物語』と、片手背負い。⇩

柔道部物語(3) (講談社漫画文庫)

柔道部物語(3) (講談社漫画文庫)

トークは野村さん上手くないです。
→あれ?全日本選手権って毎年4月29日じゃなかった?

・『ドキュメント72時間「大阪 高速バスターミナル 旅立ちの春に」』
→小2で、大阪から四国の全寮制の小学校へ?!すげーな…。
→父子家庭(離婚。父・息子・娘)のちょっとウザめのお父さんやら、母子家庭(父・他界)でカメラマンになる娘さんやら(父が写真撮るの好きだった)。名残惜しさもひとしおです。

・『ドキュランドへようこそ 選「いとしい子を残して」(KBS、2016)』
→ご本人が2016年の時点で、ソジン(息子さん)の小学校入学後「せめて1〜2年は生きていたい…」と言っているのに。この番組が「2016年、KBS」であるがゆえ結果が見えていて、悲しい。間に合わなかったんだろうな。
→2016年7月の、主治医ドクターとの面談。おそらく本人が(はっきり言ってくれと)望んだんだろうけど
「これ以上の治療は勧めません」
「あなたの負担になるだけです」
「私も新しい治療法を試してきましたが」
「現実を受け入れる時が来ています」

…そんなハッキリ言うの?すげーセンシティブてショックな内容だけど…でもそうな、大事なことだよな。


・『いよいよ!ドラマ10「半径5メートル」』
→編集者なんだ。『校閲ガール!』とかともまた違う、結構骨太なドラマ。

◆◆

・『ゴジラ S.P〈シンギュラポイント〉#4「まだみぬみらいは」』
アーキタイプ、『HERO MASK』のマスクみてーだな。⇩

https://moritsin.hatenablog.com/entry/20200817/1597598941


・『ゴジラ S.P〈シンギュラポイント〉#5「はやきことかぜの」』
→自然治癒!?
菅義偉首相みたいなヒトが。
→ああ、あれアンギラスか。
ジェットジャガーでどーにかできるカンジじゃないけどな…。




つながりつながり。