人を、さらう

12月16日の視聴

・『ネタパレ(2020.12.11)』
→ネタパレなのにネタがほぼ無かったのでふまんです。足立梨花まで呼んでこれは一体なんなんすか。

・『HUNTER×HUNTER 第95話「ウラミ×ト×スゴミ」』
→東ゴルトーのトップ(もう死んでるけど)は、北のエラいヒトだな。
→モラウとノブの間に、ちゃっかり挟まるパーム。

・『スポーツ×ヒューマン「寝技で極める最強への道 リダ・ハイサム」』
→こんな選手いたんだ!強い!速い!!
→山田さん、TVの前だからってちょっとエラそう感出してるけど、たぶん優しいだけの人なんだろな…。
→こういうトップ選手が、勝敗を分ける要因を語るとき、決まって「気持ちじゃないですかね」と言うけど。誰でもそれで納得しちゃうし、納得しようとするし。でも、それは本当なのか?相手との差が大きくないのはそうなんだろう。当事者にしかわからない差を、当事者は他者に理解してもらうことを諦め、「気持ち」という言葉を使う。そこを研究して突き詰めて、もっとその「差」を言語化できないものだろうか?
→あんな大っきいし、すぐ悔しくて泣いちゃうけど、ずっとずっと優しい。

はじめの一歩(22) (講談社コミックス)

はじめの一歩(22) (講談社コミックス)

アメリカへ移籍。また強くなった姿、マットで見たいね。

・『浦沢直樹の漫勉neo 第5回「諸星大二郎」』
→同じキャラだけ通しでペン入れ。なかなかの手間。ペン入れを忘れられるキャラとかいそう。
→諸星さん、あんましゃべんない漫画家なんだな。浦沢さんの語りが長い。
→絵柄は、永井豪だったり、伊藤潤二だったり。

うずまき(1) (ビッグコミックス)

うずまき(1) (ビッグコミックス)

→なるほど、「1人ずつ片付ける」システムはスクリーントーン貼るときに効いてくるのか。
→『カオカオ様が通る』のカオカオ様が、『進撃の巨人』の無垢の巨人に似ている。
→原稿の切り貼り!前のシリーズでも、誰かやってたよね!?

◆◆

・『NHK地域局発 北海道道「どう守る?外国人技能実習生」』
→鈴井さんは、外国人技能実習生についてあんま理解してない。そもそも近所のスーパーにいる外国人をそう(外国人技能実習生)だと決めつけるのがもう違ってる。
神戸大学の例の教授だか准教授だかが厳しめに説明してくれた。憤りを押し殺して。
※⇩のエントリでも映像に出ていた、斉藤善久・准教授です

https://moritsin.hatenablog.com/entry/20201103/1604333457

→ホントに監理団体(管理、ではない)がひどすぎる。




つながりつながり。