おぢさんのプライド

4月23日の視聴


・『TIGER&BUNNY #11「The die is cast.(賽は投げられた)」』
→前回まではこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→ちなみに、この「#11〜12」の初見エントリはこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→今回のタイトル、“サイコロ”の単数形die(複数形がdice)が“死ぬ”のdieと同じ綴りであることが余計に緊迫感を増すわけよね。
※中学生にはついでにcast(投げる、放る)がcast-cast-castで、本文が受身形なのも伝えたいところ(なんのエントリだ?これ)
→さて本編。終身刑になるほどの悪人が、人質を解放するわけないってのよ。
→潜入する折紙サイクロン。
→…バレた。
ハンバーガーを潰して食べる方…っていつから存在してるん?

・『TIGER&BUNNY #12「Take head of the snake in the grass.(くさのなかにいるヘビに用心せよ)」』
→急に前話くらいから作画が崩れてきたな。昭和アニメばりに毎回変わったりはしないが。
→セブンマッチ、てそういうことか。
→第一戦は「スカイ・ハイ」。バリアを転用するジェイクの能力が判明。
→第二戦、見切れる「ロック・バイソン」。
→第三戦「ワイルド・タイガー」。
→タクシーの運ちゃん、タイガーの前の社長か。
→「オレには全て聞こえている」、がヒント。
→アニエスジュベールの商魂たくましく。
ティッシュは2枚重ねる方、バーナビー。

・『TIGER&BUNNY #13「Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)」』
→初回視聴#13〜17はこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→聞こえちゃうじゃん!と思ったら、そういうカラクリか。で、守るべき柱は他のヒーローが死守、と。
→あ、虎徹って言った。
⇒深爪しがちな方、鏑木虎徹

・『TIGER&BUNNY #14「Love is blind.(恋は盲目)」』
→前回の話に戻るが。『コードギアス』のマオもそうだけど、心を読める能力を持ってるキャラ、割と“最強!なカンジのふれこみで出てくる”けど、そんなに強くないよね。だいたいジェイクが相手の攻撃を読んだとて、それを躱す身体能力が無ければならないし、瞬間で判断しないと連続攻撃に対応出来ないから、一瞬も気が抜けないし。戦闘向きじゃないよ。やっぱ、パクノダくらいが現実味(フィクションだけど)出る。

→今回のこそ泥、前に出てきたヤツかよ!ていうか、息止めてる間は透明になれる、とか『HUNTER×HUNTER』で見たことあるんですけど、どっちが先?
→タオル抱えて喜ぶブルーローズ、愛らしいわねえ。そして、この茶番劇が、のちのワイルドタイガーの能力に…。
→新エンディングテーマ(『マインドゲーム』)、前回視聴でも思ったけど山口百恵

マインドゲーム【通常盤】

マインドゲーム【通常盤】

  • アーティスト:珠妃
  • Toysfactoryレコード
Amazon

⇒寝る前ミルク飲むのは私もです、バーナビー。最近はココアですけど。

・『TIGER&BUNNY #15「The sky's the limit…(限界は空高くに…)」』
→前回よりスタートの新オープニングテーマ、どことなくBUMP OF CHICKEN

→一見、スカイハイの恋バナと見せかけて、まだ終わらないバーナビーの過去バナへの布石、というのがたまらぬ脚本。
⇒おお。私も靴下、左から履きます!虎徹!!

・『TIGER&BUNNY #16「Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の底にある)」』
→ヒーロー・レジェンドの晩年のひどさ。
→ユーリ・ペトロフの苦悩。
⇒「美容院は月2回」ね…まああの髪型維持するなら必要ですよね、バーナビー…。

・『TIGER&BUNNY #17「Blood is thicker than water.(血は水よりも濃い)」』
→ボロ車でなくビンテージ。
→今どき、田舎でも小学生はケータイ持ってんのよね。10年前と違い、電波入んないことは無いと思うけど。
ネクスト能力の発動なしでも、あの大木を素手でぶん投げられるの、すご過ぎんか?
→父ちゃんカコイイ。
→ビンテージふたたび。
→タイトル通りの結末。血は争えぬ。
⇒首から洗う方、バーナビー。いや、他のパターン、いくらでもあるで?

・『TIGER&BUNNY #18「Ignorance is bliss.(知らぬが仏)」』
→初回視聴#18〜21はこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→クリームの秘密。ジェイク優しいじゃねーか。悪質な誘拐犯なら、もう殺してるぞ?確かに虎徹の言うとおり、「差別する側とされる側が、入れ替わるだけ」なんじゃ意味が無いけど。でも、じゃあどうしたら…。、
⇒夢に出てきた女優さんは好きになっちゃう方。浮気すな。

・『TIGER&BUNNY #19「There's no way out.(袋の鼠)」』
→これは…誰がどう、袋の鼠、なのか?真犯人がなのか?いや、虎徹がなのか??それとも…?
⇒歯ブラシは電動派。ぽい。たしかに、ぽい。

・『TIGER&BUNNY #20「Full of courtesy,full of craft.(口に蜜あり、腹に剣あり)」』
→運良く、コーヒーは飲まずに済んだ。
→運悪く、気づいてしまった。
→サマンサさんが!
→記憶の差し替え。
⇒ファンレターは持ち帰って読みます、鏑木虎徹

・『TIGER&BUNNY #21「Heaven Helps those who helps themselves.(天は自ら助くるものを助く)」』
→やっぱ、手をこまねいて何もしないのも、アカンということですな。
→仲間同士の友情を壊し、虎徹の家族をも悲しませてる…ホントにクズ野郎だな、マーベリック。
⇒新聞は広告から目を通す、鏑木虎徹。鏑木虎徹ばっかだな。バーナビー記憶変えられてるからかな。


・『TIGER&BUNNY #22「Bad luck often brings good luck.(人間万事塞翁が馬)」』
→初回視聴#22〜23はこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→20ドル返せバイソン。
→あ、この体型、ネクスト能力か。
→そんなこと、じゃねーぞバイソン。てか20ドル返せ。
→あー、この人だけ最初から記憶操作されてねーのよな。
⇒足の裏にホクロ?!

・『TIGER&BUNNY #23「Misfortunes never come singly.(不幸は単独では来ない)」』
→前回の視聴、タイトルで「Misfortune」に「s」つけ忘れた。comeで気づけよワタシ。
→ロトワングに目をつけて、研究場所を提供し、戦闘用アンドロイド「H-01」ができるまでの期間、短すぎん?超天才だろうか。
⇒平熱ひくいな、バーナビー。


・『TIGER&BUNNY #24「Nothing ventured,nothing gained.(虎穴に入らずんば虎子を得ず)」』
→初回視聴#24はこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→市長のヒゲの濃さが圧巻です。
→ビームとブレードの2段構え。アンドロイド強え。
ジャスティス・タワーの目からビーム。
→完璧なタイミングで、楓ちゃんの逆襲、かつメイン・テーマ発動!
→「気づかれちゃ困んだよ、隠してんだからよ」。
→「元気だけがとりえでしょ!」泣きながらディスるバーナビー。でも虎徹のためにチャーハン練習中。
→エンディングテーマ後の作画が、哀しみに満ちてる。


・『TIGER&BUNNY #25「Eternal Immortality.(永久不滅)」(終)』
→初回視聴#25はこちら⇩。

moritsin.hatenablog.com


→「オンナを泣かすんじゃないわヨ」の“オンナ”に自分も入れてない?ファイヤーエンブレム。
→1年後のこの日が、クリスマスなの、ニクイ演出だよなー。
→カッコ悪いヒーロー!
→「エンディングテーマ後」、最終話もまだあるん?
→な。ウロボロス?!

・『イモヅル式に学ぼう!NHKラーニング「“春、交通事故を目指しませんか?”編」』
いやこれ、自分から情報取りに行ってる場合じゃないヤツじゃん。視聴を学校で義務付けてください
→あぜ道の交差点、何度観てもヒヤッとする。
→歩きスマホで死にたくないわー。



つながりつながり。