封印、そして罪悪感

1月17日の視聴

・『浅草お茶の間寄席(2022.1.16、tvk)』
→本好きの柳亭小痴楽さんが、「本好きの若旦那」が出てくる「明烏」を演る、てのがもう面白い。
→まくらもだいぶイイ。しょうゆ師匠、て誰?そのオッ○イのネタをいじりまくり。
→本編突入。店主がわりと歳とってからもうけた跡取り息子、の設定なのかな。
→「あそこでもらってくるもんなんてロクなもんじゃない、だからオミヤゲは要らん」…てのは性病を示唆してるのかな?
→観音の裏に「吉原」が、ってのもよく出来たはなしで。
→「お稲荷様のお籠り」って口にする時の小痴楽さんの、顔!!
→お巫女頭…ムリがある。
→根に持つ二人。
→なるほど、アンタらの話通りなら帰れないじゃん?てことか。


・『機甲戦記ドラグナー放送35周年&Blu-rayBOX発売記念!第1話「炎の月」』
→音楽は渡辺俊幸作詞・竜真知子、編曲・鷺巣詩郎、唄・鮎川麻弥、も凄いけど、オープニングテーマ「夢色チェイサー」は作曲・筒美京平だし、エンディングテーマ「イリュージョンをさがして」は作曲・馬飼野康二だし…。キャンディーズと同レベルのクオリティーだよ、ホント。
→いきなり、エアーズロックに隕石?!
→あ、違うみたい。隕石みたいな偶然落ちてくるヤツじゃなく、「統一帝国ギガノス」からの、地球への投擲(なんだそりゃ)なのだな。
→いきなりの本編、玄田哲章(?)さんのナレーションから、(おそらく主人公の一団である)堀内賢雄大塚芳忠菊池正美の3人への視点移動。今思えば、めちゃくちゃ豪華な声優陣。
※ナレーションは石塚運昇さんらしい。そういや若い頃の玄田さんと似てるな、声。
→敵の艦長は石塚運昇
→コロニーに穴。強襲揚陸艦
→重要機密の包み紙をカンタンに破るな。
勝生真沙子も!
→え?逃げてたらたまたま船に?まー、ホワイトベース同様に、メインキャラは“うっかり”乗っちゃうのよね。
ガンダムガンキャノンガンタンク、みたいな。
地球連合軍側の副官、(Zガンダムの)アポリーかアストナージの声の人。
→?“ドラグナー”って言った?帝国も知ってんのか??
→やはりメインロボの切り札は、ビームサーベル。そうでなくちゃ。
→やっぱ悪役側は、コロニー落とすか全壊させるんだな…。
→先が!気になるゥゥゥゥゥゥ!!

・『NHK地域局発 かんさい熱視線阪神・淡路大震災 27年後の“新たな一歩”」』
→『かんさい熱視線』は、昨年の震災特集⇩もいい視点の番組やってたよな。

moritsin.hatenablog.com

→両親を失った、三人兄弟の末っ子。両親を恨みが生まれてしまった、哀しさ。
→弟2人を喪い、周りに「ひとりっ子です」と伝えていた兄。
→あの震災より後に産まれた、10代の語り部グループ。
→それぞれが抱える闇。それを光にする必要はないと思うよ。ただ、闇を吐き出せるまでの時間が、切ない。




つながりつながり。