ハンコウキ

子育ての初め、親は

「この子は特別だ。だから他の子とは違う。どこか違う点はないかな?(ワクワク)」

って探す。でもいつからか、

「なぜウチの子は他の子と同じことができないのだろう。どこか違う点はないかな?(あったらヤダ)」

になる。



あんなに期待していたのに。







境目はどこなのだろう?私は、「集団行動」が始まる“3歳前後”が怪しいとふんでいるが。



結構人生の初盤で、

人は

親や周りの大人たちから偏った期待をされ、

それと引き換えに

その他の多くの期待をされなくなる。




“その他”が彼の人生を豊かにするとも知らずに。



つながりつながり。