TT brothers


5月18日の視聴

・『NET BUZZ 「進撃の巨人」51~53話』

→オープニング…。後半の当て字が凄いな。チョコレートプラネットのカラオケのネタかと思った。全体として“戦隊モノ”のオープニング曲かとも思うクオリティー。私は好きです。
→最後のイラスト集、マルロをつねってるのはヒッチかな?


・『インハンド 第6話』

→また濱田岳の落語ネタぶちこみ。好きだなー。

→今回の話を観ていて、電気グルーヴのCD撤去だの、アナと雪の女王のオラフ声優変更(既存のDVDまで!)とか、あまりにもアホらしい処置であることがわかる。メンバーがクスリやってたからって、そのメンバーの存在を亡きものにするような“私刑”をメディアがこぞって行う。オトナの“イジメ”だよ。恥を知れ。
→個人が犯した“罪”と、それまで表現してきた“作品”を関連づけるのはナンセンス。



→同様に、池袋暴走の加害者男性を、いつまでもいつまでも彼の経歴を理由に叩き続けることもナンセンス。
→「元院長」の表現(逮捕してないので“容疑者”でない)を選んでいるのはメディアであって、彼ではない。“容疑者”=“犯人・犯罪者”の認識も実は間違っていて、それを間違えたのは我々一般の国民。間違えるきっかけはやはりメディア。
→「逃げる可能性がないから逮捕しない」というなら、今までも、年輩の加害者を逮捕した理由が不明だ。
→「ケガ(入院)しているから逮捕しない」というなら、退院したらこれまでの慣例から逮捕しなければオカシイ。でも、彼を逮捕してほしいとは誰も思っていない。
→そもそも、逮捕の有無に関わらず、加害者の氏名を公表しなければいいと思うが、そこから始めるのはどうだろう。






つながりつながり。

いい湯っだね、いい湯だね♪

5月17日の視聴

・『サンドのお風呂いただきます「函館 前編」』

→先月、鬼怒川温泉篇を放送のこの番組。ミヤネ屋で鬼怒川温泉の廃墟旅館を特集してる折り、こっちはほっこり。温泉地の家庭風呂、てのが面白い。
→各家庭のストーリーが、ただの風呂番組を特別にしている。風呂そのものはフツーでも。
→で、富澤さんはやっぱり魚介類苦手、と。


・『NET BUZZ 「クローズアップ現代+“密着!コンビニ店主の24時”」』

→変化することで成長してきたはずのコンビニ業界が、24時間にこだわりすぎて変化できなくなっている。
東大阪の松本さんのケース。だいぶ話題になっていたけど、ここまで工夫されていることを、我々利用者がもっと知ることで、自分の「考える」題材、稼ぐ武器が増えると思う。



つながりつながり。

読書のクセを晒す

f:id:moritsin:20190524151103j:plain

⇧つい昨日読み終えた本。最近の事件(出版後の)とリンクしてくるものもあり、なかなかの読みごたえ。

模倣犯1 (新潮文庫)

模倣犯1 (新潮文庫)

スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)

スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)

誰か―Somebody (文春文庫)

誰か―Somebody (文春文庫)

も読みたくなる。

物語を読む傾向として、

どの小説でも登場人物の名前が覚えられない(というか「誰これ?」の時に登場ページへ戻るという楽しみを持つ)ので、逐一付箋にメモしながら読み進める。

かといって、巻頭に人物相関図が載っているのはあまり好まず、自分で相関図を作りながら読むのが好き。

ポートピア連続殺人事件

ポートピア連続殺人事件

⇧のダンジョンみたいな感じかな。


途中での感想も付箋で貼るし、本筋と関係なく思考したネタも(付箋紙の大きさは変えるけど)書きながら、という超スローペース。


楽しくて仕方ないのだが、唯一の欠点は体力使って読むので、一度読むとしばらく再読する気がなくなるところ。




結局また読むんだけどね。





つながりつながり。

全然ええけど、先言えよ!

神の雫(1) (モーニングコミックス)

神の雫(1) (モーニングコミックス)

5月16日の視聴

・『にけつッ!!ケンコバ霜降り明星”を語る!」』

→スゲーかわいい「○○の女性」の話、かなりの“先言えよ”感。

・『わたし、定時で帰ります。 第4話』

→同僚に「夢ありますよね?」って追い詰められる話。次回、“先言えよ”っていう展開がありそう。


・『アメトーーク!サンドウィッチマン大好き芸人」』

→富澤さん、ホタテ食えないんすか。ムリはしないよーに。ファンの“小島さん”の話はDVDでも度々観ているので、興奮してくるなあ。





つながりつながり。

ハガネノユキ

手塚治虫傑作選集 (2)  ザ・クレーター 2

手塚治虫傑作選集 (2) ザ・クレーター 2

第2話「墜落機」


マンガの神様は…知っていたのだろうか。生き残った軍神のことを。


第7話「クレーターの男」


生きているだけで満足できる世界なんてない。





つながりつながり。

時をかければ

手塚治虫傑作選集 (1)  ザ・クレーター 1

手塚治虫傑作選集 (1) ザ・クレーター 1

⇧読むまで知らなかった、手塚治虫の短編集。初出は、一番古い第1話(「二つのドラマ」)で昭和44年(1969年)なので、ちょうど50年前の作品。

冒頭、「だが、世界三十億の人々が…」という行があって、50年で40億人増えたことにあらためて驚く。

第1話「二つのドラマ」

最初は

タイム・リープ―あしたはきのう

タイム・リープ―あしたはきのう

的な感じだったが、最後に三つ目のドラマが…。


第3話「雪野郎」

f:id:moritsin:20190521095710j:plain

ではなかった。


第9話「巴の面」

天河伝説殺人事件 (角川文庫)

天河伝説殺人事件 (角川文庫)

イイ落ち。

第10話「オクチンの奇怪な体験」

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

安らかに。




つながりつながり。

めいれいさせろ

5月9日~15日にかけての視聴

録りためた『ハートネットTV』を20本ほど観て思うこと

「全人類」に視点が向きつつある


LGBTのパートナーシップ、パラスポーツをクイズ形式で広める、見た目で分かりづらい障害を紹介、とか…明らかに人口減少に向かっている日本において、



国民全員の人権



を守る(個人の利益の最大化をする)ことが、国益をも増すことになる、と再認識できる構成。

男女カップルだけが子をもうける訳ではないし、障害者の主張はワガママではない。それぞれを当然の権利として全ての国民が声を出してよいのだ。

経済の発展はその過程にしかなくて「お金(税収)がないから出来ません」は、全国民の怠慢でしかない、と思った。


◆◆

『ウワサの保護者会』との差、そして希望


『ウワサの保護者会』は、出演者が「男&女の両親」もしくは「シングルマザー(ファーザー)」の保護者が大半。扱うテーマは現在就学年代のお子さんに対するもの。学校という閉じた環境での悩みが多い。LGBTカップルの子どもの悩み、などは出てこない。


基本的に「現在の悩みをいかに切り抜けるか」という感じなので、人権意識や未来を見据えた考え方を育てる雰囲気は薄い。

わざと『ハートネットTV』と対比させて番組づくりをしてるのではないと思うが、「そもそも問題なのはそこではないのでは?」とツッコミたくなる場面が多々ある。そこで…


『ハートネット』を基準に『ウワサの保護者会』とコラボしてはどうか?

・子ども本人が人権を持っている意識がない
・保護者が人権教育をまともにうけていない

問題をふまえ、



・全年齢が人権を学び直す

チャンスを『ハートネット』の蓄積した智恵を利用して作って欲しい。

「学校に通ってさえいれば何でも教えてくれる」と思っている子どもはもういないと思う。あのハコに人生の貴重な9年(ヘタすりゃ最低15年くらい)をぶちこむことが、いかに確率の悪いギャンブルか。

既存の職業に“雇用”される人間のみを育てるのでなく、経営者を育てること、人生の多様性を大切にすること、自ら「稼ぐ」とはなにかを考えること。

人権(というか、ひいては自分)を大事に。









つながりつながり。